漬物ヒストリー
あなたに笑顔を届けたい

宮崎県の県北、延岡市大貫町に今から約40年前に手造りのお漬物屋さんが誕生しました。
初代経営者の村岡満廣は堅物で生真面目、漬物業界で長年修行を重ねた末の決断でした。
夫婦で一生懸命に愛情を込めて造ったお漬物は、徐々に地元を中心に広がりをみせます。
なかでも村岡夫婦がレシピを考案し食品メーカーと共同開発した「神代漬」は、観光地、高千穂の土産物売り場で大人気となりました。

その後も自社製造の白菜浅漬けとキムチを中心に季節の漬物を取り揃え地元の方々の笑顔に守られ歩んでいきます。
素材にこだわり一切の手抜きをしない姿勢は、味に敏感な消費者のハートをつかみました。

しかし食文化の欧米化による漬物離れや自動化による低廉大量生産など、時代の逆風によ 数年前にやむなく撤退を決意。
幕を下ろした後も、再興を願う熱い声援はやむことはありませんでした。
私たち宮崎センコーアポロは、物流業界では安全品質管理を徹底している企業と自負しております。

『同じ地元として、手造りの技と品質管理のプロが手を組むことで
またあの頃のお客様の笑顔をみたい、そして笑顔を届けたい』

この思いが実現、品質衛生管理を重点に工場を完全リボーンし、平成27年10月より復興いたしました。
新生、宮崎センコーアポロの漬物ヒストリーとして新たな時を刻み始めます。
どうぞ、ご期待ください。